: 器を育てる方法 :
やまめや
 器を育てる方法 陶器編 
やまめやTOP
碗篭の中で乾かしているところ。。。
<器の底の部分の高台がざらついて気になる場合>

目の細かいサンドペーパーで丁寧にこするか、
他の器の高台と軽くこすり合わせて滑らかにします。
そのままにしておくとテーブルを傷つけたり、重ねたときなどにほかの器を
傷つけるもとになります。
しかし、完全に防ぐことは不可能です。
ランチョンマットなど布を間接にお使い下さい。


<ずっと気持ちよく使うために>

汚れやシミ、匂いが付きにくくなる方法の紹介です。

■ はじめて

はじめてお手元に届いた器、まず、水を吸ってもらいます。
お鍋に器を入れ、器がかぶるぐらいの水と、米のとぎ汁又は米ひとつまみをいれて、
30分くらい静かに煮沸します。その後は自然に冷まします。
厚い器は一晩くらいつけておくとよいでしょう。
食器用洗剤で丁寧に洗い、しっかり乾かしてからしまいます。

※水分を残してしまうとカビの原因になりますのでしっかり乾かします。


■ 日々のご使用

お料理を盛り付けるときは、軽く水にくぐらせてから使います。
揚げ物は紙の敷物をして盛り付けましょう。見た目も美しいです。
そして器に残ったお料理は電子レンジOKの保存用パックに入れてしまいましょう。
食卓に出すときはパックごとレンジで温め、質&量に合わせて器を選びましょう。
シミ、匂いが付きにくくなるばかりか、『目新しいお料理』 に生まれ変わります^^

※今までに電子レンジの使用で破損したという報告はありませんが、
  上記方法をお勧めします。


 使用後

器は水につけこまず、表面を洗い流しましょう。
陶器には吸水性があるので水分とともに匂いが入り込んでしまいます。
(本当はスグに食器洗剤で洗えばよいのですが・・・、
経験上^^;これだけでもかなり効果あります。)
食器用洗剤で丁寧に洗い、しっかり乾かしてからしまいます。

※食器洗い機で洗うと小傷がふえると聞きます。お勧めしません。


■ それでも匂いが・・・

はじめてご使用になる時のように米のとぎ汁又は米ひとつまみをいれて、
30分くらい静かに煮沸します。その後は自然に冷まします。
匂いがひどい時は一晩おいておくと 匂いが気にらなくなります。


■ 色が気になり・・・

陶器には吸水性があるので、色が入ってしまうことが多々あります。
気になるので薄くしたいというときは、漂白剤で漂白してください。
何度か試しておりますが、小鹿田焼に限っては元の色などの変化はございません。


陶器は その『変化』を楽しむもの、育てていくものと言われています。
わたくし事ですが、数年つかっている小鹿田焼のマグカップ。
貫入(釉薬の細かいひび割れ) にほどよい具合に入りこんだ色。
『年季の入った表情』が愛しく感じられます。


日々の暮らしとともにご自身で育てた器、末永く可愛がっていただけましたら幸いです。

ご注文のしおりお客さまの声販売法に基く表示やまめやTOP

copyright(c) 2006-2016 yamameya all rights reserved.